七度目の蒼い夜

パーティーキャッスルとか手を出したオンラインゲームとかネットであったこととかたまに書くかもです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-12 [ Thu ]
【誰かを待つ女の人】

春日さんから始まったカヤ様が屋上に佇んでいるSSに続けて!

どきどきもじもじ
……ふう、やっぱり屋上の風は気持ちいいなあ。……あれ?

あの女の人、誰かな? 生徒じゃないよね。
先生……にしては露出度が高いかな。
なんだか私、あの女の人に似た人に会ったことがある気がする――。気のせいかな。

は、話しかけてみようかな。どうしよう。
でもちょっと怖いな……あっ、目が合っちゃったかも。サングラスしてるから分かりづらいけど、多分女の人が私の視線に気付いたみたい。

「えっと……すみません、何でもありません……」

私は緊張しながらやっとのことでそう答えた。そしてその女の人と私はお互いの方を向いたまま、しかしこれ以上距離を詰めることもなく、そのまま立ち尽くしていた。

この女の人、誰かを待っているのかな? も、もしかして告白?それとも決闘とか?

私はそんなことをあれこれ考えながらも、女の人と共に此処に来る"誰か"を待つことにした。

2013年9月12日


【感じ取る先輩】

世話の焼ける……
女性の待ち人はまだ来ない。高梨と女性は遠く離れたところで立ったままだった。
「高梨!」
声の主を高梨が振り返ると、高梨の先輩である檜山がやって来ていた。
「えっ……檜山先輩?」
檜山は高梨の傍へ来たかと思うと、すぐに高梨の前に立ちはだかった。――まるで女性から高梨を守るかのように。
「お前、何も感じないのか?……この女、人間じゃないぜ」
背中の高梨にそう言う檜山の声は淡々としていながらも真剣なものだった。
「まあ、女かも怪しいがな」
檜山がそう言うと、女性と檜山はお互いに相手を射抜くような鋭い眼光を持った目で睨み合った。
瞬時にぴりぴりとした緊張感ある空間が作られる。
「……そこにも居るな――赤い悪魔さんよ」
檜山が高梨には見えない何かを見遣ると、少しだけ――風が波打つような気配がした。
「高梨。お前は俺が守ってやる。手出しはさせねえ」
強い口調でそう言うと、檜山は真っ直ぐ女性を見つめた。


*朱夏ちゃんの苦悩と存在に気付かない高梨さんw(^_^;)
カヤ様は何か企んでいるのか?それとも???
今回はカッコいい檜山さんを目指したのです。。。あれ?カッコいいってなんだっけ?w/(^o^)\
檜山さん主人公時代は高梨さんとくっつくことが多くなる予定でした。

2013年9月13日


【俺にはそれより大事なことが】

どこに居るんだろうな
……屋上に来たけど、向井がいない。
なんでだよ。屋上に行くとかなんとか友達と話してなかったか?
――ん?あれは誰だ?
高梨と、檜山先輩だな。そして遠くで向かい合ってるのは見たことない女の人、か。
見たところ、敵対してるって感じか?
にしてもあの女の人、檜山先輩に挑むのか? あの檜山先輩と戦ったらどうなるか分かんないぞ。危ないにもほどがあるじゃないか。
――ああ、そんなことより向井はどこに行ったんだ。
もう少し此処で待ってみるか……此処からなら下を歩いていったとしても見えるしな。

平野は緊迫した空気も気にせず女性の後ろの方へ歩いていくと、ぼんやりと地上を眺めた。

*残念なイケメン平野が登場。向井さんはまだちゃんと作ってないから居ないんだよ^^
どうやら平野はこの状況より向井さんが気になるようです(;´Д`)

2013年9月20日

【増殖してはいけないもの】
この時を待っていましたぞ
突如現れた褌姿の男性。緊迫した空気は一転、シュールな空気に。
そこへ誰かが凄い勢いでやって来る。
「同志よ!探していましたぞ!」
現れたのはこの学校の教師、時田である。しかしその服装は褌姿の男性に近い奇抜なものであった。そして時田は男性の傍へ嬉しそうに向かうのだった。
「時田先生……?」
「……高梨、見るな」
檜山は高梨にそう言うと、すぐに高梨の前に立ちはだかった。――まるで変態から高梨を守るかのように。

*増えましたwwwww\(^o^)/

2013年10月3日
スポンサーサイト

 | HOME |  »

2013-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

淕

Author:淕
・よく変わりものと言われる。
・優しい時と冷たい時の差が激しい。
・絵や文を描く&書くのが好きだけどなかなか上達しない。

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。