FC2ブログ

七度目の蒼い夜

パーティーキャッスルとか手を出したオンラインゲームとかネットであったこととかたまに書くかもです。

2011-02-03 [ Thu ]
うにゃー。久々にPTC関連のことについて語るだけです。

まず、花アリスエプロンセットのDLありがとうございます!v
自分の作ったアイテムにしてはいろいろな方にDLしていただけたようで・・・!すごく嬉しかったです*
温かいコメントや可愛いSSの数々、本当にありがとうございます(*^_^*)
拍手も頂いて、あまり押してもらえることがないので嬉しかった♪
あとは・・・このブログでは実はコメントっていただいたことないので、いつか誰かにもらえたら嬉しいかなあ。


・・・こんなこと書くとアレなんですが。。。
PTCで自分はみんなに嫌われてると思っていました。
フレンド申し込んで承認してもらったり、ツイッターでフォローしてもらったりしても、「え~こいつ?仕方ないな・・・」って感じで渋々自分の相手をしてくれてるのかなって。
メールやメッセージ、コメントなどしても、嫌われてるんじゃないか、嫌われるんじゃないかって、いつも気にしていて。イベント、企画参加とかも。。。
アイテム配布の度に、またこいつの汚いアイテムかーと思われてるんじゃないかって、いつも考えてしまいます。

チキン野郎なので、何するにも結構勇気出してたりします。

でもいろんな人と仲良くなりたくて。いろんな方のブログで、そっと拍手だけ押せてもらったり、コメントさせてもらったり、迷惑なんじゃないかと思いながらも、頑張ってみました。
いつもいつも不器用で、ごめんなさい。こんな自分に関わってくださる方がいて、本当に有り難く思っています。

自分はリアルでも大人しい方で、PTCではどうやって仲良くなればいいのか悩むこともあって、その結果めちゃくちゃなこと言ってしまったりしてごめんなさい。本当に不器用というか絡みづらいやつでごめんなさい。時にはめちゃくちゃなことしてしまってごめんなさい。勇気を出して空回りした結果なのかも。

コメントとか頂いてすごく嬉しくて、また皆さんの素敵なところを知って、自分の駄目さに気づいて。
こんな奴の相手をしてくださる皆さんが大好きです。
本当にありがとうございます。

・・・なんか微妙に暗いこと書いてるかな?;ごめんなさい。。。あと文が幼稚で申し訳ありません・・・少しずつ言葉を絞り出すような感じで書いていたらこうなってしまいました;
何言いたいのか分からない文ですが、みんな仲良くしてね!ってことです(照)


――気分を変えて、メインの話題を♪


青魚さん主催の吸血鬼イベント、すごく楽しみにしていて、ページの作成も進んでらっしゃって!

でも。他にも書いてる方が何名かいらっしゃったのですが、

うちにも吸血鬼キャラが見当たらない☆

ええーどうしよう!ブログ見てくださってる方とかは分かるかもしれないですが、自分のPTCのキャラは小説のキャラで、その小説は学校舞台のことが多い短編小説で、まあつまり何が言いたいかというと、

吸血鬼どころか制服の人ばかり!

やばいどうしよwとか思ってたら、思い出しました*

そうだこいつらで過去に吸血鬼関係のお話も書いたんだった!!(書いたのが過去すぎて忘れかけてたw)

今よりさらに拙い文章で書かれた残念なストーリー・・・懐かしい・・・w
彼らがどんな吸血鬼だったかうろ覚えだったので、自分で読み返してみた。以下一部抜粋。
※微妙にグロ表現あり!注意してください!





***




…多量の出血により意識は朦朧としてきて、足元はふらつきはじめた。




……この出血量じゃ、俺は死ぬだろうな──。




身体中には噛まれた跡。

……彼らの牙は鋭く尖っていた。それによって出来たのだから、傷は相当深いのだろう──身体の各々から溢れる血が流れを止める事は無かった。




……俺は死ぬだろうけど。




矢神は、立っているのもやっとという状態である。
ふらつく身体から血は床に流れ落ち、それをも5人は舐め取っている。






──でも先輩はまだ──生きられるかも知れない──。




矢神の背後には自らの鮮血に浸かった羽柴が横たわっている。
彼の身体にもまた、無数の噛み跡がある。






……先輩が死ぬわけないから。






頭の隅で、そう信じていることだけが矢神を支えていた。




「矢神、そろそろ羽柴の血を飲ませろよ」

山中が無邪気にも見える笑顔で言う。笑って口角の上がった口からは、矢神の血が垂れ落ちた。


「まだ食事の途中だったんだから」

川嶋が不機嫌そうに言いながら、自分の手に付着した血をぺろりと舐めた。




「…先輩は生きるんだ…!」


矢神は声を絞り出す。



「…先輩は…死ぬわけない…手を出すな……!」





***






Σえっ何このBLのなり損ないw


自分には男同士の友情とかを書こうとするとBLっぽくなってしまう癖があり、未だにそれは直りません・・・w

描写テキトーすぎるしなんかとにかく恥ずかしい・・・orz
改行多いしww床を舐める奴らは汚いしw書きなおそうか・・・w

お話が気になった!って方はこちら↓の「血を欲する者」というところをご覧くださいー。
小説「僕らの中に潜むもの」


吸血鬼を誰で登録しようか悩むところです。(;一_一)
血液提供者は羽柴ですねご愁傷様です☆
スポンサーサイト



 | HOME | 

2011-02

プロフィール

淕

Author:淕
・よく変わりものと言われる。
・優しい時と冷たい時の差が激しい。
・絵や文を描く&書くのが好きだけどなかなか上達しない。

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR